映画を見た感想まとめ・秒速5センチメートル・聖の青春・この世界の片隅に

 

こんにちは。canonです。

今日のお題は、最近見た映画について。

秒速5センチメートルと聖の青春、この世界の片隅にまで!

ぐぐっと書いてみますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

秒速5センチメートル

こちらは有名な作品ですね。

新海誠さんの作品です。

タイトルの秒速5センチメートルとは、桜の花びらが舞い落ちる速度の事。

桜の花に見立てた、美しくも切ないストーリーです。

ここからネタバレ含みますので、まだ見ていない方はお気を付けください。

 

 

秒速5センチメートル。

そういったのは彼女だった。

桜の花が舞い散る速度。

それを知った少年、貴樹。

少女明里との淡い恋。

遠くに行ってしまう君に、どうしても伝えたいことがある。

 

 

恋心の描写が美しいです。

遠くに行ってしまった明里に会いに行く貴樹。

とても細やかな描写と丁寧なストーリー。

世田谷の学校に越してきた明里。

身体が弱く、本を読むことが多かった少女。

貴樹はそんな明里と幼いながらも両思いだ。

そして遠くに行ってしまった彼女を追いかける。

 

 

 

この作品は三部のストーリーでできています。

桜花抄

コスモナウト

秒速5センチメートル

どれも切なく、何かを思い出させるような、切ない気持ちになる作品です。

多くは語りませんが、まだの人は見るべきだよな、と思います。

 

 

どれほどの速さで生きれば、また君に出会えるのか。

 

 

聖の青春

 

こちらはプロ棋士として夭折した、天才・村上聖(たかし)の映画です。

主人公に松山ケンイチがキャストしており、この役のために松山は10キロ以上も太ったそうです。

肉感は確かにありました。

実在した聖は体が弱く、甘いものと少女漫画が大好き。

将棋の腕前も確かで、若き羽生名人とも戦ったことがあります。

この映画では、聖にスポットライトをあて、彼がどんな人生を送ったのか、丁寧に描かれています。

プロ棋士として、一人の人間として、時に葛藤を抱えている聖。

最後彼は亡くなってしまいますが、この映画によってたくさんの人の心に生きるでしょう。

わたしは好きな映画です。

 

 

 

 

この世界の片隅に

 

こちらは戦時中の、とある女性の生活を描いた作品です。

主人公のすずさんと呉に住む家族との、戦時中のお話。

時に苦しくなる描写があり、わたしはとても辛かったです。

ただ最後に少し救われる描写があり、見た後の後味は心地よいものでした。

想像とはだいぶ違う作品でした。

でも戦時中のお話ですので、悲惨な描写は避けられないでしょう。

声優として、のんが出ており、わたしは好きな演技だなと思いました。

 

 

 

まとめ・三作品を観て

作品にばらつきがありますが、最近はたくさん映画を見るようにしています。

アニメや実写など、ジャンルは問わずです。

これから見たい映画に、天気の子、ドラクエなどがあります。

あとは光のお父さんとか。

 

見たい映画をAmazonプライムで見ています。

見たい作品はだいたい追っていますが、時間がなくてまだ見ていないものもチラホラ。

ただ映画が見たいときに見られるのは、とてもいい時代になったな、と思います。

 

 

こちらもぜひチェックしてみてください。

さて、今度は何を見るか考えています。

映画館に行く時間があまり作れないのですが、primeで見逃した作品も結構追えるので、重宝しています。

なにを見るか、悩むのも楽しいですよね。

入会まだの方、おすすめですよ!

では今回はこの辺で。

またお会いしましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA