禁煙外来に通わなくても辞められる方法・タバコをやめたある夫婦の話

さて今回はたばこの辞め方について書こうと思います。

元々ヘビースモーカーだったわたしですが、ある日を境にすぱっと辞めました。
辞め方って?

禁煙外来は行った方がいいの?

すぐに吸ってしまう、意志が弱くて。

そんな疑問にどんどんお答えします!

さあさあ始まり始まり!

 

 

どうやってわたしたち夫婦がタバコをやめたのか

さて、わたしたち夫婦と書きましたが、二人でおんなじ銘柄を吸っていました。
しかし二人ともやめたのです。

もう半年くらいになりますね。

どうやって二人でやめたの?って疑問もあるかもしれません。
しかし、むしろ二人でほぼ同時に辞めたことは、二人だからやめれた、ということもありますね。

お互いに牽制しあって、タバコを吸わないようにしてるうちに、自然とやめれたんですよね。
そこで、吸っていた銘柄ですが、実は電子タバコです。

詳しくは書きませんが、二人で充電しあって、二人同時に充電がなくなるので、大変でしたね。
でももしかしたら、電子タバコってやめやすい?

いいえ、むしろ依存がひどくなりました。

それであまりにも吸いすぎるので、お金はかかるし、危機感がすごかったです。
このままじゃいかん。

そう思っていると、変化が起きました。
先に変化したのは夫です。

吸う頻度が下がりました。

そのうちいらないや、というようになり、やがて完全に絶ちました。
わたしも引きずられるように、こいつが辞めれるのに、わたしだけ取り残されるのはあかん!
そうして本気でやめました。

それから半年、辞めることができたわたしたち。

空気は汚れない、ヤニ臭くない、お金かからない。

控えめに言って、最高です。

 

 

 

辞め方考察

さて、みなさんは辞め方について聞きたいのでは?

わたしは先に書いたこと以上のことはしていません。
特別なことは何もしていないです。

それでは辞められない、というような人に向けても、何個か参考になりそうなことを書きます。
まずは、代替品について。

ネオシーダという薬用タバコがあります。

タバコの形をしていますが、ニコチン、タールゼロです。
薬用なんです。

味はメンソールタバコが甘くなった感じでしょうか。

どうしてもやめられない人にありがちなのは、習慣になっている、という理由があります。
その習慣を変えるのがしんどいのです。

だったらタバコじゃないものを吸えばいいのでは?
ということなのです。

ネオシーダは薬局で手に入ります。
もしよかったら試してみてください。

 

Amazonにも売っています。

 

 

あとは禁煙外来についてですが、わたしが通ったことがないので、詳しく書けないのが難点です。

そちらについては、禁煙外来でググって頂くしかないのですが、申し訳ありません。
わたしよりも詳しい人がいらっしゃるかと思います。
わたしは自分の体験談を書きますので、どうか読んでみてくださいね。

 

 

 

意思の弱さ?

違います。まず言いますね、意思の強さは誤差程度の違いです。

いかにうまくやめる方向にシフトチェンジするかですね。

人それぞれ、辞め方は千差万別です。

 

 

わたしのやり方が通じない方もいらっしゃるかと思います。
でも誤解しないでくださいね。
あなたが悪いんじゃないんんです。

意思が弱いのでもありません。

あなたが試行錯誤、やめたり吸ったりを繰り返して、それでもやめられない、と悩んでいらっしゃるのも知っています。

わたしがそうだったから。

辞めたいのに、タバコに手が伸びる。
物凄い自己嫌悪ですよね。

罪悪感もすごい。
そうです、わたしもそうだったんです。
それがどうやってやめられたのか。
それは

 

 

意思のせいにしないこと、です。

 

 

 

吸わない人が言うでしょう、意思が弱いからだって。
違います、全然違う。

まずタバコは、禁煙外来に行って辞めるほどなのです。
依存症、という病気です。

それを意志のせいにする人が多すぎます。

どうせ俺なんて、と自己肯定感を下げるだけになってしまいには辞められない。
そんなことしょっちゅうでした。

そんなわたしが、夫含めてわたしたちがやめられた。
辞め方の魔法ってあるのかな?
そう思っていらっしゃる方もいると思います。

魔法ではなく、超現実的に、辞め方を分析した結果がこの記事です。

 

 

 

辞め方まとめ

さて、どうしても辞められなーい!という方に向けて書きますね。
マインドの話?

いいえ。
しません。
○○のためにやめよう!
○○だからやめないと!
この類のことは言いません。

ただ、マインドの話はしてる方は気持ちいいですが、聞いてる方はモヤモヤしますよね。
うちの母親も、子供のためにやめたら?健康のためにやめたら?
そのようなことを言ってましたね。

 

それでもやめられないから苦しんでるのに!というお声が聞こえてきそうです。
そうだったんです。

ここで逆転の発想が出てきます。
もう死ぬまで吸えばいいんだ、肺がんなって死ぬんだ。
あきらめですよね。
しかしこのあきらめが必要なことだった、って知っていますか?

 

 

辞めるために一度振り切れました。
辞めようとしていたことをやめました。

しかし、どこかで、自分はタバコを止めたいんだ。
その気持ちが大きくなりませんか?

わたしたちは、二人でやめた、というのも大きいと思います。

これを参考に、タバコを吸う友達と、辞めてみようと相談なさってみてはいかがですか?
わたしたちは夫婦なので、一緒にいる時間も友達よりは長い。

それを抜きにしても、誰かと辞めてみるって、意外とおすすめです。
友達が辞めちゃったら、焦りませんか?
こちらが辞めたら、気分良くありませんか?

お互いに励まし合いながらも監視し合う、そういう関係が必要です。
そこまでできない?

できないんじゃないんです、やるんです。

何かを達成するためには、努力が必要です。

頑張ってみましょう。
あなたにもできる。
わたしたちでもやめれたんです。
あなたもきっとやめられます。

 

 

 

さあ、タバコとさよならして、美味しい空気を胸いっぱい吸い込みませんか?
そんな日があなたにも訪れることを、わたしは祈っています。
きっとできます。
あなたの人生に幸あれ!

 

 

代替品としてこちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA