苦手なにんじんを美味しく食べる!~にんじんのベーコン巻き~そして小説書いてます

こんにちは。canonです。
今日はわたしの自信作のレシピの紹介です。
にんじんをベーコンで巻いた、にんじんのベーコン巻きです。
写真と一緒にご紹介します。

まず、にんじんを短冊切りにして、重ねて細切りにします。

鍋に水を張り、水からにんじんを茹でていきます。
茹で上がりは煮立ってから10分ほどです。
食べてみて硬さを確かめましょう。
好みの柔らかさになったら鍋から上げます。

茹で上がったにんじんを、ベーコンで巻いていきます。
にんじんは多すぎず少なすぎず、食べやすい太さで巻きます。

巻いたものを、つまようじで留めます。
全部巻いたのがこちらです。

フライパンで焼きます。
焦げ目が少しついたら、焼き肉のたれで味付けます。
たれは多すぎるとしょっぱくなるので、全体に回しかけ、大さじ1から2くらいがいいでしょう。


フライパンからとってできあがりです。

お酒のおつまみにもいいですね。

 

 

 

このレシピは、昔母が作ってくれたものを再現しました。
レシピを聞いていたわけではなく、味の記憶を頼りに再現できました。
母がわりと焼き肉のたれをよく使っていたので、それも再現に役立ちました。

 

 

 

食べてみて、とてもおいしくできたので、ご紹介いたしました。
本当は昨日も作っていたのですが、写真を取り忘れていたので、今日また再現してみました。
お弁当のおかずにも喜ばれる一品です。

 

 

しかし、前に娘に作ったときは喜ばれましたが、今日出したら食べないと言われました。
気まぐれですね、あるあるです。
美味しいから、と言ってもダメでしたね~。
子供に喜ばれるレシピは、本当カレーぐらいですね。
にんじんも大きいと嫌みたいです。
カレーのにんじんも残しますし。
なかなかうまくいかないもんです。

 

 

さてあとは描いた絵の紹介です。

 

 

 

 

魔女のひととき、というタイトルです。
グリザイユで塗ってみました。
最近は目の表現を凝っていまして、いろいろ工夫しています。
どこがどうとかは言いませんが、なかなかおもしろいですね。
うまくはまると、かわいく見えます。

こちらはオリジナルの漫画のキャラです。
漫画はまだ発表していないので、これからなんですが。

 

 

 

現在、クリスタで漫画を描くことを勉強しようとしています。
本もこちらを購入しました。

まだ届いていないですが、読んでみて勉強します。

 

 

 

今発表しているのは、小説です。

トップページからも飛べますが、こちらからも読めます。

堕天戦士

こちらはオリジナルのSFファンタジー小説です。
ネタを出したのが中学生の頃だったので、そこはかとなく中二臭がしますね。(笑)
中学生のころは完結しなかったので、今度は終わりまで書きたいと思います。
主人公は中学生の女の子、天野昇子。
昇子はある日、不思議な出来事に巻き込まれ、自分の中に眠る、力に気づいていく。

という内容です。
よかったら読んでみてくださいね。

幻灯夜話・幻想奇譚

こちらは短篇集です。
短いお話の集まりです。
童話のような内容を目指しました。
こちらもどうぞ!

 

 

 

わたしはもともと小説も絵も書いていました。
漫画も描いていましたし、持ち込みもしましたね。
書くことが好きで、今も続けています。
これから先も書いていきますし、発表すると思いますので、よろしくお願いします。

 

 

またレシピも書いていきますね。

 

 

 

それでは今回はこの辺で。
またお会いしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA