自分が寝たきりから回復できた理由~過去編1~

こんにちは、canonです。
今回のブログは、いつもと指向を変えまして、自分のことを書いてみようかなと思います。
いつもは勉強しているイラストのことなどですが、今回はわたし自身のこと、数年前のお話でもしようかと思います。
今から、6年くらい前でしょうか。
わたしは、寝たきりでした。

 

 

 

数年前、まだ娘が生まれる前です。
わたしはほぼ引きこもり、何もできない状態でした。
それでも数年は起きてなにかをすることができましたが、ついに寝たきりの状態になりました。
寝ることができないのです。
寝たきりなのに眠れない、不眠のまま2週間寝ることができませんでした。
体も動かず、横になったきり、それなのに寝ることができない。
正直、あの時はこのまま死ぬな、と思いました。

さかのぼること6年前、わたしは仕事をする、短期間でやめる、の繰り返しでした。
うつ状態でした。
毎日が苦しくて苦しくて、死にたいと思っていました。
まともに生活できず、それでも実家暮らしだったため、なんとかなってはいました。
夫も夜の仕事で家にはほとんどおらず、わたしは息子の世話もまともにできない、と自分を責め続けていました。
生きてる価値がない、死んだ方がいいんだ。
そんなことを毎日考えていました。
そんな状態で、どんどん悪化し、寝たきりになってしまいました。

 

 

 

 

2週間寝れなかったのは、本当にきつかった。
意識はもうろうとし、何かに話しかけられる感覚で、毎日もう死んでしまう、と苦しんでいました。
正直、あれはおかしかった。
病院には通っていましたが、もう入院レベルでした。
それなのに、周りの家族はわたしを放置しました。
生きてるかどうか、確認に来ていました。
苦しんでいることは知っていたはずなのに、できうる最善を尽くすことを放棄しているようでした。
母は、わたしが死ぬと思っていたようです。

 

 

 

それからなんとか眠れるようになりました。
薬を飲みすぎていたため、薬が切れると眠れなかったのです。
月に二回までしか薬は処方できず、病院にいっても薬を出すのを断られました。

 

 

誰か、わたしを助けて

 

 

 

 

わたしは誰にも助けてもらえませんでした。
薬を飲めば眠れるけど、なくなれば眠れません。
わたしは薬を頼りにしすぎていて、苦しい時に用法を超えて飲んでいました。
おかしかったんだと、今ではわかります。

 

 

そうしてもうろうとしながら、夢とも幻覚ともよくわからないものに毎日襲われました。

 

 

 

わたしは藁にも縋る思いで、スピリチュアルな人たちに話しかけました。
話は聞いてもらえましたが、症状が良くなることはありませんでした。
そんなある日、浄霊するという人に出会いました。
今なら怪しすぎると思いますが、その時は助かるなら、とその人に会いに行きました。
その人にたくさん憑いてるよといわれ、浄霊をしてもらいました。
その日はそのまま帰りました。

 

 

 

 

それから、なんとなく調子のいい日が増えました。
よく寝れるようになり、回復し始めました。
不思議ではありましたが。
母には浄霊してもらったことは話しましたが、今でも本当になにかに取りつかれていたんじゃないの、と言います。

 

 

 

 

精神的なものが全部霊のせいだとは思いませんし、本当に苦しかったからこそすがったんだと思います。
その後、娘を妊娠し、出産しました。
このときも、なんやかんやとあったのですが、そのお話はまた別の機会に。
とにかく、不思議なことにわたしは回復しました。
たぶん霊のせいというより、ずっと自分をないがしろにしてきたせいだと、わたしは思っています。
自分を大事にする。
普通のことですが、わたしは長い間それができませんでした。

 

 

 

 

助かりたい一心で浄霊してもらい、結果運がよかったんだと思います。
良い人に出会えたんだと。
もしインチキでお金儲けに利用するような人だったら、きっとひどい目にあっていたと思います。
だから、病気を治せる、というような人は、あまり信じない方がいいだろうと思います。
結果的にわたしは助かりましたが、おすすめはしません。
危なすぎるので。
ただわたしは死の淵で、怖いものはなにもなっかたからできたんだと思います。

 

 

 

 

こうして生きていられる、回復して笑うことができる、それだけで幸せなことだと思います。
子供たちと暮らして、夫も仕事をしてくれる。
当たり前のことなんかじゃありません。
失って初めて気づくことです。
わたしはなんとか取り返せましたが、もしかしたら永遠に失われたかもしれません。
そんなことをしみじみと感じるのです。

 

 

 

 

寝たきりからの回復のお話でした。
まだまだわたしの身にどんどん理不尽なことが起きましたが、それはまたいつか書くかもしれません。
正直、ドン引きされるのを覚悟しないと書けないので。
人生はネタの嵐。
これからもしっかりと自分に向き合い、生きていこうと思います。
生きていればこそ、その意味をしっかりとかみしめたいですね。
それでは、今回はこの辺で。
また過去話はすると思うんで、よかったらお付き合いください。

 

アデュー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA