絵を描く時に使う小道具/ふせん

みなさんこんにちは。canonです。
今日、すごいびっくりしたんですよ!
エディタがいきなり新しくなってて、わたしなんか操作したっけ?って。
旧エディタ(Classic Editor)をプラグインでダウンロードしたので事なきを得ましたが。
新しいエディタしか使えなくなったらどうしようと思い、ぼちぼち練習しときます。

さて、今日はわたしのよく使う道具についてお話しようかなと思います。
何度かこうやって道具をテーマにお話ししますね。
まず第一弾は、タイトルにもあるように”ふせん”です。
わたしのよく使うふせんは、ポストイットのアップルふせんです。
りんごの形をしていてかわいいです。

とても使い勝手がいいので、お気に入りです。
あとは百均で買った、猫のふせんや、どこにでもある普通のふせんを使っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3M/ポスト・イット カットキューブ アップル 蛍光カラー5色 225枚/CC-36【ココデカウ】
価格:685円(税込、送料別) (2019/4/4時点)

楽天で購入

 

 

ふせんの使い方は、普通に本の気になるページに貼ったり、メモをするときに使っています。
特に、メモするときがとっても有能で、これなしではいられませんね。
わたしのデスクには、あらゆるところにふせんがぺたぺた・・・
貼りまくりです!

気になる重要なメモは、そのままノートへぺたり。
自分だけのノートの出来上がりです。
こちらがお役に立つかも!

こちらも良い本ですよ。
ふせんを活用するといいことだらけです。
わたしはふせんを使う前と後ではだいぶ変わりました。
頭で覚えていなくていいので、本当に役立ちます。

このふせんを使い、何をするかということが本題です。
わたしは、ネタのメモに使います。
あとは普段生活するうえで、重要なことを書いておきます。
ネタはいつ降ってわいてくるかわかりません。
いつでも書けるようにしておかなくてはいけないのです。

ふせんに書くのは、癖になるととても楽ちんです。
覚えておかなくていいので、頭の空き容量が増えます。
しかし!
たまにあるのが、ふせんにメモしたはいいが、なんのことかさっぱりわからないときです・・・
これはもう、しょうがないっす!

しかし逆に、お宝のようなメモを発見すると、小躍りします、間違いない!

こうしてメモはとても重要な役割があると、お判りいただけましたでしょうか。
普段の生活から、メモを書く癖は、本当に役立ちますよ!
あとは、ホワイトボードも用意しておけば、間違いないです。
わたしは子供の予防接種の予定など書いています。

さて、いかがでしたでしょうか。
何かお役に立つ情報は書けていますでしょうか。
また、道具については書いていきますので、どうかよろしくお願いします。

あ、今回はちょっとしたイラスト付きでした。
また次回からも、イラストを添えてお送り出来たらなあと思います。

それでは、今回はこの辺で。
またお楽しみにしていてください!

今回もお読みいただき、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA